• 被災された方々への支援情報がございましたら、こちら へお寄せください。
  • 災害支援の活動に取り組まれた方は、こちらで活動報告をいただけると幸いです。情報を共有していくことで、現在の被災状況や支援で必要なものなのが分かってくることもあります。
新着情報
RSS2.0
 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの赤坂 美幸 先生をお招きし、「被災した子どもたちのための心理的応急処置」講習会を、平成30年8月9日(木)、学内開催しました。学生75名、教員7名の合計82名が参加しました。   子どものためのPFA(Psychological First Aid for Children)についての概略をお話された後、危機的状況下で子どもが示す反応について、年齢別に具体例を挙げながら説明をしてくださいました。また、災害時の心理的処置として、次の「5つの原則」についても教えていただきました。 安全感・安心感を促す 落ち着かせる 個人や集合体の自信を促す つながりを促す 希望を促す働きかけ  特に、子どもと接する際の注意点として、コミュニケーションにおいて話を聴く際に使えるテクニックや良い言葉掛け、傾聴の姿勢の大切さ、親や養育者が本来の役割を果たせるような支援をすることの大切さなど、ロールプレイを用いた実践的なワークショップを通じて理解することができました。   受講後、参加した学生を対象にしたアンケート(回収率53%)では、「非常に満足した」、「満足した」が100%、「すぐに活かすことができる」、「今後に活...
 以下の通り、倉敷市立薗小学校保護者会の会場として、職員及び保護者約200名の方が利用されます。  ●使用日時:平成30年8月17日(金)9:00~12:00 ●使用施設:1号館1階125大講義室  多くの方が来られますので、本学教職員及び学生は、使用施設周辺の利用・通行に、ご配慮いただきますようご協力をお願い致します。
 この度の西日本豪雨で被災された方々がおられる避難所(倉敷市立船穂小学校)で、8月9日に、災害食の研究をしている学生と教員(学生4名 担当教員:岩崎)が食事の支援を行いました。避難所におられる高齢者と子どもたちを中心に約30名に提供しました。  前回の避難所(二万小学校)の食支援では、野菜の不足を訴える方々が多くおられたことから、引き続き「野菜雑炊」「野菜アイスゼリー」を提供させていただくことにしました。  また、大学内の学びで取り組んでいる「パッククッキング」も実施しました。 「パッククッキング」は限られた道具で調理をすることができ、災害時に適した調理方法です。今回は、衛生的な液体卵を活用した「野菜たまごパン」を作りました。  今回の支援にあたっては、アルファ化米をアルファー食品株式会社様から、液体卵と栄養パウダーを株式会社誠屋様から提供いただきました。誠にありがとうございました。 提供メニュー 液体卵  避難所での調理場所は様々な状況が予想されるため、衛生面に気をつけ、道具は大学から持参して、最低限度の道具で調理しました。学生たちは、実践での活動の中で多くの気づきがあったようです。...
 この度の西日本豪雨で被災した子どもたちをあずかる倉敷市立二万幼稚園で、8月3日、6日、7日、8日に、現代食文化学科の学生と教員が食事の支援を行いました。  市から配給されるパンやおにぎりだけでは栄養が偏るため、特に野菜が摂れるような食事の支援を依頼されました。パンやおにぎりなどの主食にあうような汁物とデザートを連日学内で調理し、現地で被災した子どもや園の職の方、約50名に提供しました。 8月3日 『ポトフ、にんじんかりんとう』担当:教員 渡邉 学生2名 8月6日 『夏野菜たっぷり豚汁、フルーツカクテル(缶詰)』担当:教員 星島・渡邉 学生2名 8月7日 『ミネストローネ、リンゴジュースのシャーベット』担当:教員 佐藤・渡邉 学生4名 8月8日 『夏野菜キーマカレー、アイスゼリー』担当:教員 額田・桐野 学生5名  幼い子どもたちが喫食しますので、特に衛生面には細心の注意を払いました。調理従事者には細菌検査や当日の健康チェックの他、手洗いや手袋の着用を徹底しました。  子どもたちは、連日とも提供した料理を残さず一生懸命食べてくれました。おかわりをした子もいて、配食した学生たちの顔も満足そうでした...
 この度の災害を経験し、いつもと同じように見える子どもたちでも、大きな不安やストレスを抱えたり、ショックを受けたりしています。そこで、これから夏休みにかけて多くの学生のみなさんは、現地での災害支援に取り組む前に、子どもたちに接する際の注意点や対応方法等、子どもたちのための心理的応急処置に関する講習会を以下の日程で開催します。多数のご参加、お待ちしています。 ※この講習会は、本学の「特別講義」として指定されています。   【開催日時】平成30年8月9日(木)9:30~11:00 【会場】1号館1階125大講義室 または 3号館聖徳殿 ※申込人数によって会場を変更します。前日までに当ウェブサイトで連絡します。 ※会場は1-125で確定しました(8月8日更新) 【参加費】無料 【参加対象】くらしき作陽大学・作陽音楽短期大学に所属する学生(大学院生を含む) ※学部や学科は問いません。 【申込方法】こちらの参加申込専用フォームから申し込んでください。 ※先着順とし、定員に達し次第締切りとなります。 ※定員は会場の座席数とします。 ※当日の座席に空きがある場合のみ、当日受付を行います。 【講師】赤坂 美幸 先生(セーブ・ザ・チルドレン・ジ...